トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン

末永和真のプロフィール

English site: Kazumasa SUENAGA

末永和真のプロフィール

末永 和真
(すえなが かずまさ)
京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻
京都市西京区京都大学桂A3棟407号室
Tel: 075-383-2611 Fax: 075-383-2607
e-mail:k.suenaga at chujo.synchem.kyoto-u.ac.jp
1990年生まれ 山口県下松市出身

学歴

  • 2009年3月    山口県立徳山高等学校理数科卒業
  • 2014年3月    京都大学工学部工業化学科卒業 (中條研究室
  • 2016年3月    京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修士課程修了 (中條研究室)
  • 2016年4月〜   京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士課程在籍
  • 2016年6月〜9月  米国ニューヨーク州コーネル大学訪問研究員(Christopher K. Ober研究室
  • 2017年4月〜   日本学術振興会特別研究員(DC2)

受賞歴

  • 2015年 第61回高分子研究発表会(神戸) エクセレントポスター賞
  • 2015年 第5回CSJ化学フェスタ2015 優秀ポスター発表賞
  • 2016年 新学術領域「元素ブロック高分子材料の創出」第4回合同修士論文発表会 優秀発表賞
  • 2016年 工学研究科馬詰研究奨励賞
  • 2016年 第65回高分子年次大会 優秀ポスター賞
  • 2016年 2016 KIPS若手高分子シンポジウム 優秀ポスター賞

研究分野

  • 高分子合成化学
  • 有機合成化学

所属学会

原著論文

  1. Design and Luminescent Chromism of Fused Boron Complexes Having Constant Emission Efficiencies in Solution, Amorphous and Crystalline States
  2. Heat-Resistant Mechanoluminescent chromism of the Hybrid Molecule Based on Boron Ketoiminate-Modified Octa-Substituted Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane
  3. Sponge-Type Emissive Chemosensors for the Protein Detection Based on Boron Ketoiminate-Modifying Hydrogels with Aggregation-Induced Blueshift Emission Property.
    • Suenaga, K.; Yoshii, R.; Tanaka, K.; Chujo, Y. Macromol. Chem. Phys. 2016, 217, 414-421. (DOI: 10.1002/macp.201500276) [Back cover picture]
  4. Mechanofluorochromic Materials Based on Aggregation-Induced Emission-Active Boron Ketoiminates: Regulation of the Direction of the Emission Color Changes.

新聞記事等

  • 化学工業日報 2015年6月2日 

京大 フィルム状の発光高分子開発 ホウ素錯体を応用

  • 第64回高分子学会年次大会 記者発表 2015年5月15日

固体で高効率に発光する高分子を開発